>  > いろんな人が楽しめると思います

いろんな人が楽しめると思います

たまにはプライベートで派手に遊びたいと思ったことはありませんか。自分の場合はよくそう思う事があります。とにかく難しくない単純なことをしてストレスを発散するんですが、その中にあるのはC葉県内の風俗で遊ぶことが含まれています。中々レベルが高いお店が揃っている場所が実はあるのでいつもお金を握りしめてそこの地域に行くことにしています。そこでは人妻系のお店が多いので大抵がホテヘルを利用するのですがとにかく楽しい思いがほぼ間違いなくできます。今回もそうで、自分では到底知り合えないようなレベルのルックスの人と一戦交えることができたのでとても満足しています。今回はこちらがひたすら受ける側だったのですが、たまにはそういうのもいいもんですね。女の子が自分のために時間一杯使って尽くしてくれるのは見ていると中々精神的に満たされますよ。征服感というか満足感を得るためにもいい手段になるのでそういうのを求めている人にもお勧めできますね。

リピ決定で分かれる前からそわそわする

かなりの敏感体質で、始終絶叫に近いよがりと、体は感じる都度に跳ねるほどです。私が女の子の耳元で「このあと、何をすればいい?」と囁くと、女の子は「わかんないぃぃ…」との反応。続いて、「もっと気持ち良くなりたいかな?」と問うと、I袋の美人妻は激しくカブリを振って賛同の意を主張してきます。2本指で秘穴をまさぐったり、出し入れしたりしていると、女の子から「うぅぅん、キモチいいぃ…」、さらに秘所地帯全域にサワサワと指を這わしていると、女の子から「そこぉ、」とか「はやくぅぅ、だめぇぇ、」とか「いじわるぅぅ、」とか、うわ言のように言っています。私は、正常位スマタの体勢をとり、クリトリスに硬直を増した「貞光」をあてがって、腰の前後運動にうつり、「気持ちいい?」ともう一度きいてみると、女の子はコクリと頷いて私のうなじに両手を回して、口を突き出して唇を求めてきたので、唇と貞光で女の子の誘いに応じ、女の子と共に汗だくの愛情表現に埋没していきました。女の子は女の子で意識もうろう状態になりながら、貪欲に快楽を貪っていました。経験値は少ないものの、性戯の味を覚えつつある若い女の子のエネルギッシュなサマを見せつけられる思いでした。

[ 2017-11-09 ]

カテゴリ: 風俗体験談